オレンジケアサービス

オレンジケアサービス

オレンジケアサービスは訪問介護・障がい福祉サービスに特化したサービスです。

<訪問介護とは>
訪問介護は、訪問介護員が被介護者(要介護者・要支援者)の自宅を訪問し、身体介助(食事・入浴・排泄など)や生活援助(調理・洗濯・掃除など)、通院時の外出移動サポートなどを行うサービスです。
自立した日常生活を、利用者が自宅にいても送れるように支援することが目的です。
被介護者にとって「住み慣れた自宅で介護サービスを受けられる」ということが大きな利点になります。
今まで慣れ親しんだ自宅を離れて新しい環境に移り住むことは高齢者にとって大きなストレスになる可能性がありますが、訪問介護であれば介護サービスを自宅で受けられるためにそのような心配は不要です。
被介護者本人が自宅における生活を希望する場合に、介護負担は基本的に家族にかかってきます。しかし、訪問介護サービスを利用することで、その負担を効率的に軽減させることが可能です。
一人暮らしの高齢者にとって訪問介護は、身体介助や生活援助だけでなく、話し相手と接する機会にもなります。離れて暮らす家族にとっては、健康状態や安否を知る有効な手段として役立ちます。

●身体介助
介護職員が自宅訪問を行い、被介護者の身体に直接触れながら行う介護サービスです。
食事の手伝いや見守りを行う「食事介助」、お風呂に入る際の手助けや身体の清拭の世話をする「入浴介助」、おむつ交換等の「排泄介助」、車椅子や車への乗降などの手伝いを行う「移乗介助」、床ずれ予防のために体位を変える「体位変換」など、被介護者の身体や精神状態に対応したケアを行います。

●生活援助
被介護者が一人暮らしであったり、本人や家族が何らかの理由で家事を行えなかったりする場合に、身の回りの世話をしながら日常生活をサポートするサービスです。
食事準備(調理・配膳等)、掃除・洗濯・ゴミ出し、日用品等の買い物代行、部屋の片づけなどを行います。
※訪問介護は家事代行ではないために、他の家族の部屋掃除やペットの散歩、来訪者への接客など、被介護者以外の人に向けての世話は対象に含まれません。

<障がい福祉サービスとは>
障がい福祉サービスとは、身体や精神に障がいのある方や特定の疾患のある方が地域の中で生活を続けていけるように居宅介護、重度訪問介護、同行援護等を支援するサービスです。

●居宅介護
身体障がい・知的障がい・精神障がいをお持ちの方に、身体介護(食事・入浴・排泄等の介護)や家事(調理・洗濯・掃除等)を行います。

●重度訪問介護
重度の肢体不自由であって常時訪問介護を必要とする方に、身体介護・家事援助・移動支援・見守り等のサービスを総合的に提供致します。

●同行援護
視覚障がいにより、著しく移動に困難を有する方のサービスで、移動時及びそれに伴う外出先において必要な視覚的情報の支援(代筆や代読含む)、必要な移動の援護等の援助を行うサービスです。

 

アクセス

〒547-0034
大阪市平野区背戸口2丁目11番23号
TEL06-6705-8100
FAX06-7653-0706